国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「RLIについて」(2018/12/6)

「RLIについて」(2018/12/6)
飯村 雅洋会員


 

RLIの理念:

質の高いリーダーシップの研修を通じて、クラブの活性化を願う、プログラムです。


RLIの目的:

ロータリアンの自主性と卓越した指導性を涵養し、

クラブの刷新性と柔軟性を育み、活性化することであり、ロータリアンが、ロータリーへの思いを自由に語り合い、個々のモチベーションを高めていく研修会です。ロータリアンがロータリーに関する十分な知識を持ち、効果的なクラブ造り、各種プログラムを推進させるため積極性を発揮できるようにする。クラブの特定のリーダーを養成することではなく、一般会員を対象に指導力育成を提供することを目的としています。


RLIの実践:

世界共通の「RLI参加テキスト」を使用して、決められたテーマについて、ディスカッションリーダー(DL)による、8人程度のグループに分けられた参加者が自由にディスカッションを行います。パート1, パート2、パート3の3段階に分かれており、それぞれのパートは6セッションあり、1セッション50分間実施します。さらに卒後コースもあります。 

ディスカッションリーダー(ファシリテーター)の役割:

・討論の流れをスムーズにする。

・参加者の活発な発言を促す。

・議論の交通整理をする。



留意点:

1.参加者との人間関係づくりは、セッションが始まる前から。

2.傾聴(相手の思いを受け止める)

3.目標(ゴール)を忘れず、話題の脱線を修正する。

4.オープンマインドを保つ。自分のこだわり・プライドを捨てる。 謙虚な態度、共感力、意外性を楽しむ。


コメント

カレンダー

12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31