国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「長寿命[骨太無垢材200年住宅]の勧め(2016/7/28)

「長寿命[骨太無垢材200年住宅]の勧め(2016/7/28)
山本 富士雄さん(紹介:清本 正法会員)




日本の木造住宅の寿命は26年です。ドイツが81年、フランスが86年、アメリカが104年、イギリスが140年といわれています。35年ローンが払い終わる前に寿命が来てしまうというのは何ともやりきれないと思います。長期優良住宅(200年)制度が定着し始め、長寿命の家『しっかり作ってしっかり手入れし、長く住むまたは長く賃貸、分譲する』が求められる時代となりました。骨太部材を使用した丈夫な手の届く価格のエコ住宅を作ることがトレンドとなっています。
私は伊勢神宮遷宮材の裏木曽「加子母檜」を、機械乾燥と天然乾燥を繰り返し、樹芯部、中間部、辺材部とも含水率17縲怩P9%と芯まで手間隙掛けて理想的に乾燥させた無垢材の
開発に建築学会と地元大学の協力を得て成功しました。
さらに大手ゼネコンの協力を得て、200年は持つ鉄筋コンクリート基礎の開発にも成功して200年は強度の落ちない耐久性のある200年住宅を作り上げる準備ができました。集成材の木造住宅では200年は持ちません。
[これからの省エネエコ住宅]
夏涼しく冬暖かい快適な空間、シックハウスとなる化学薬品を一切使用しない、最新のテクノロジーで、壁の量が少なく、高断熱化した、風通しの良い夏涼しく冬暖かい快適な空間、メンテナンスやランニング・コストのかからない、真の自然住宅、消エネのエコ住宅を実現します。
[間取り可変も可能]
家族構成の変化に応じて、間取りを変えることができるように可動間仕切りを設け、浴室台所設備なども変えることができるように設備配管も集約しました。一部賃貸可能であり、大家族で住むのもこれからのトレンドの一つです。将来部屋が余れば、比較的大きな食堂があれば各部屋に鍵をつければ比較的簡単にシエアルームにも改修できます。例えば専門学校や介護施設の寮や社宅としても活用されます。
住宅修繕経歴書を残しておけば資産価値は高まり、高く売れることにもなります。「日本の住宅業界を席捲するすまい」と考えています。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30