国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「会員増強する為に私が取り組んだ事」(2017/9/14)

「会員増強する為に私が取り組んだ事」
東京秋川RC 齋藤 章浩さん



*まず初めに*
本日は卓話にお招きいただきまして誠にありがとうございます。若輩者の私がお話しさせていただくこと大変恐縮いたしますが、私が体験してきた若手会員が感じることを中心にお話しさせていただければと思っております。ベテラン会員の皆様におかれましては失礼な発言等もあるかと思いますがどうかロータリーの友情に免じてお許しください。これからのロータリーは“親、子、孫”と三代が共存する可能性がある中、各年代お互いに理解しあい、より良い将来性のあるロータリー活動につなげていきたいと思っております。本日はよろしくお願い申し上げます。

*「会員増強しようと思ったきっかけ*
①会員数の減少 ②クラブ内会員の高年齢化
③若手会員の出席率の悪さ ④地区活動で感じたこと
⑤クラブでの奉仕活動への疑問 ⑥楽しいと思えるのか?

*取り組んだ事*
 ①ロータリアンとしてやるべきことはしよう!まずは自分がロータリーの事を知ってみよう!
 ②若手会員や新入会員との親睦を図りたい
 ③若手会員の親睦会を月一度の定例親睦会にして、もっと盛り上げて楽しい『会』にしよう!

*若手の会の設立*
開催日:毎月第3 木曜日19 時00 分より
会場・会費:参加人数に応じて開催場所や会費を毎月決定
参加資格: 60 歳以下で東京秋川ロータリークラブ会員および推薦者、60 歳以下のロータリアン(他クラブ参加可)およびロータリアンの推薦者、地元地域の60 歳以下の経営者もしくはそれに準ずる者、60 歳以上の会員が上記条件の者を紹介する場合または気持ちが60 歳以下なら参加可能
【主旨・目的】
若手ロータリアンが主体となり地域社会における若手経営者との親睦交流をはかり、同世代の経営者の悩みや地域社会での問題点などを話し、地域社会における同世代の気軽な楽しい集まりを目指す。同世代若手経営者の出会い・交流の場にすることを目的とする。また、若手会員のコミュニケーションをはかりロータリー活動の活性化を目指し、近隣クラブとの親睦交流や事業の協力をすることによりロータリーの楽しさや良さを実感する。
そしてロータリー活動のPR により会員増強につなげることを目的とする。
【活動計画・内容】
①ロータリークラブの活性化
若手会員の出席率向上と会員同士の親睦コミュニケーションをもつことによりクラブおよび事業の活性化をはかる。なおこの会をメイキャップ扱いとし、予定の組みやすいように定期的に継続性のある会とする。
②会員増強の場
地元若手経営者や現会員のご子息等との交流により将来ロータリークラブに入会してくれる人材を探す。長い目でじっくりと入会を検討していく。入会をせかせず、まずは親睦を目的とし楽しい会だと思ってもらえるように将来的に入会しやすい雰囲気づくりを目指す。 実績 入会3 名 入会予定(1 月)3 名
③近隣クラブ若手会員との親睦交流
近隣クラブの若手会員との親睦交流により同世代の気の合う仲間との出会いやロータリーの楽しさを実感する場とする。他クラブとの交流でロータリーの素晴らしさを再発見してもらう。また、近隣クラブ若手会員との協力により各クラブそれぞれの会員増強活動の場とする。
④退会防止対策
若手会員、新入会員との親睦を深め楽しさを実感してもらい退会防止につなげ友情を築く。



*今後の若手の会の方向性*
①現在、青梅RC ・福生RC・ 武蔵村山RC ・秋川RC が主な参加ロータリアンですが、今後近隣クラブへのお声がけをし、多摩分区はもちろん武蔵野分区や2750地区の近隣クラブさん(昭島、八王子)なども参加してもらえるように声をかけていきたいと思っています。
②ロータリーの素晴らしさは入会してロータリーを知って経験しなければなかなか理解できません。まずは、若手の会を体験入会のような存在として、入会してほしい若者を誘い、色々な人との出会いの場、交流の場、楽しい場としてご活用しいただき、所属クラブ関係なくロータリアンが協力して入会していただけるきっかけになり得る場として今後も継続できればと思います。マンネリ化しないように色々のやり方や色を各主催クラブを変えることで解消し、飽きない会にしていきたいと思っております。また色々な地域、地区のロータリアンのご参加も大歓迎ですので、ご紹介よろしくお願い申し上げます

*新入会員の退会防止への取組*
急激に新入会員が増えたので新入会員が楽しめるように、また退会するのを防ぐ為に次の取組をした。
①パートナー制度の導入
②新入会員の歓迎会
③SNS、LINEの交換による情報共有
④話しかけ、例会や事業への参加呼びかけ
⑤プライベートのゴルフや飲み会等のお誘い など


*今後の新入会員への取組*
ロータリアンとして相応しいかではなく、頑張っている活気のある若者を素晴らしいロータリアンへ育ててもらえるよう先輩ロータリアンにご指導お願いしたいと思ってます。
①秋川クラブでは今年度、炉辺会合にて新入会員向けの研修会を複数回開催をしていきます。
②入会するにあたり、しっかりとしたロータリーの説明をしていきます。

*取組前後の在籍数と年齢分布*
~東京秋川RCの例~


*取組の成果*
会員数も10名以上純増し、例会にもすこしずつ賑わいも出てきました。年齢分布も幅広い年齢層で在籍し、色々な新入会員が入会しても同年代の仲間もできるクラブへとなりつつあります。
今回の新入会員はロータリーの事を多少感じて入会した会員がほとんどなので出来る限り例会や事業へ参加しようとしています。それに触発されたのか例会にあまり出てきていなかった若手会員も参加するようになってきています。
*今後の課題*
ロータリーの役職は一年任期がほとんどです。
会員増強も担当する委員長の熱の入れ具合で変わってきます。どうかこの取り組みを飽きないように継続し、これからもコンスタントに会員増強していかなければ、また会員数が減少してしまいます。
出来るだけ熱を冷まさず会員一人一人が会員増強に意欲を持ち、取組んでいくことが大事ではないでしょうか?
自クラブだけでなく周りのすべてのロータリアンを利用しながらでも会員を増やしていけるよう多摩分区をはじめロータリアンの協力や交流が大事になるのではないかと思います。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31