国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「会員による5分間スピーチ」(2014/03/13)

「会員による5分間スピーチ」
石引宏一プログラム委員長

今週と来週は「会員5分間スピーチ」です。永年ロータリーで活動を続けている諸先輩方や会員それぞれのロータリーに対する想い等を改めてお聞きする機会があれば、ということで企画いたしました。また、今回の企画が退会防止や、新たな勧誘活動に活かせるのではないかと考えますので、ご協力をお願い致します。
*萩野 紘一会員*

 本来ならばロータリー歴が長いのは倉内会員です。武蔵野RCに在籍しながら、武部先生とともにこの武蔵野中央RC設立に携わった一番の功労者です。初代幹事としての当時のご苦労話をご披露いただき、「幹事の心得」をご伝授いただきたいところです。倉内会員のように後世に名の残るロータリアンとなる為に、今後幹事になるかたはしっかりとそのお努めを果たしていただきたいと思います。

*倉内 成彬会員*

 皆で30年前にこのロータリークラブをつくりました。友好クラブの酒田中央RCとは、武蔵野市と消防団の関係でお付き合いがあった縁で締結しました。当初武部会長からカナダのクラブとの締結の話があったのですが、話はまとまりませんでした。英語の話せない私共でしたので、良かったのかもしれません。酒田中央RCの創立30周年の際にはまた皆で伺えたら良いと思います。

*中里 崇亮会員*

 私もチャーターメンバーとして30年やってきました。一番楽しいことはやはりみなさんと会えるということです。普段私のところに来るのはご年配の方が多いのですが、こちらに来ると‘やや若い人’がおられるので勉強になることが多いです。また、地域の社会福祉のお手伝いをしていますがそちらは女性の方が多くとても一生懸命です。ロータリークラブにも女性会員がいらしたら良い頃かとも思います。昔は青少年交換学生を受け入れた事もあり、英語は話せませんでしたが良い経験となりました。一番は、専門的な知識を持つ方が大勢いらっしゃることでしょう。ご迷惑をおかけしながら頑張っていきたいと思います、ありがとうございました。

*秋本 光雄会員*

 兄が武蔵野RCに所属しており話をよく聞いておりました。特に上田正夫ガバナーという方は、本当にロータリーについて良く学ばれ、まさしく真のロータリアンと言うべき方でした。当時、西は立川、東は新宿までメークアップに行っていました。それだけ、昼間に時間がとれる方でないと務まらない世界ですね。実際そうそうたるメンバーで構成されていましたので、「あれは大変だ、お前には無理だ」と言われておりました。その中にまさか30年も自分がいるとは思ってもみませんでした。歳もとって参りましたので、「ロータリークラブに在籍し会費を払い続けることが、何らかの奉仕につなげられる」と信じ、忘れずにいたいと思います。

*金子 和雄会員*

創立の半年くらい前に我々チャーターメンバーが集められました。最初、会議室で集まりましたが誰も知りませんでした。それにまず、ロータリーソングを歌わされ閉口しました。しかし父が親しくさせていただいていた上田正夫さんからのお誘いでしたのでお断りすることもできず、「食事をするために出席し、また、最低3年くらい在籍するか」くらいの気持ちでおりました、何のメリットも考えずにおりました。今も昔も、商店街の友達には不自由しておりませんがそれ以外の友達はなかなか出来ないもので、ここでは一生の友と言える関係ができたと思っています。私はメリットを考えず初めましたが、それは続けてきてあとから自然とついてきたものでした。とにかく続けて、深くは考えずにきたら30年経ちました。
 倉内会員は素晴らしい方ですが、時にとんでもない事をして驚かされます。私が親睦委員長の時、奥様方も集めてみなで屋形船に乗ることになったのですが、なんと倉内会員が用意してくださったのは漁船・釣り船で、本当に困ったことがあります。そんな困った経験も含め、続けてこられた事感謝致します。

*台 徳二郎会員*

 私は、クラブ創立し暫くして入会したのですがチャーターメンバーよりいろいろな苦労話を聞いて良く理解しております。ロータリークラブが国際的な活動をしていることを実感したのは青少年交換学生を受け入れたときでした。ドイツやハンガリーからの留学生を受けいれていると、その家族や友達が家に訪れてきます。そのおかげで自分の家族や近隣の方にロータリーの活動を理解してもらえたのでとても良かったと思います。世界社会奉仕事業ではタイを訪れ植林活動をしました、これもまた国際的な活動といえ、とても良い経験でした。これからも国際ロータリーを良く理解していってもらいたいと思います。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31