国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「ローターアクトとは~47年の軌跡と未来への一歩」(2017/5/18)

「ローターアクトとは~47年の軌跡と未来への一歩」
地区ロータアクト代表エレクト 小笠原 聡さん
(紹介 柳原 克哉会員)



2017-18年度、国際ロータリー2580地区ロータアクト(東京北部・沖縄)の第49代地区ロータアクト代表を務めさせていただきます小笠原聡です。
2年前、東京池袋RACに入会してから半年の準備期間を経て東京浅草中央RACを立ち上げ、現在に至ります。
2年間の活動を通じ、心から尊敬できる先輩や、信頼できる同世代の仲間、そしてキラキラと輝いている後輩に出会いました。ロータリーの魅力は、バッジを身につけて輪に入ることで世代や職業、国籍の異なる様々な人と交友関係が広がり、その中での学びが積み重なっていくことにあると思います。
ロータリーで体験させて頂いた素晴らしい時間を各クラブの皆様が作っていけるよう、1年間精一杯努めたいと思います。よろしくお願い致します。
今回はロータアクトの活動事例として気仙沼仕事創出プロジェクトをご紹介させて頂きます。
当プロジェクトでは、気仙沼市の水加工会社、気仙沼東陵高校、そしてロータリークラブの皆様に関わって頂き活動を継続しております。ロータリークラブの皆様には、水産加工品の定期購買を行って頂き、気仙沼市の水産加工会社の皆様には、当プロジェクトで販売している、水産加工品を卸して頂いております。そして、気仙沼東陵高校の高校生にはフードマイスター講座を受講して頂き、マーケティングの知識を学んでもらっています。
まとめると当プロジェクトは、気仙沼市内の東陵高校で行われるフードマイスター講座、気仙沼水産加工品の定期購買、そして気仙沼水産加工品を食す会の三本柱で活動をしております。
今後も食を通じた地域の活性化を目指し、地域社会の発展にロータアクトクラブが貢献できるような組織にしていきたいと考えております。
ご清聴ありがとうございました。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30