国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「ロータリー財団100年の意義」(2016/11/24)

「ロータリー財団100年の意義」(2016/11/24)
地区ロータリー財団委員 田中栄次郎さん(紹介 臺 徳二郎会員)




ロータリー財団の使命
1.人々の健康状態を改善
2.教育への支援を高める
3.貧困を救済
4.これらを通じて世界理解、親善、平和の達成
5.財団設立の1917年は第一次大戦の最中
6.RIが大きな器で世界に奉仕をすることを考えていた




6つの重点分野
RIは6つの重点分野を定めています。グローバル補助金は、この6つの重点分野に関連した活動内容に限られます。


2016-17年度(上山ガバナー年度) RID2580寄付方針
年次基金へ15,000円
ポリオプラス基金へ3,000円
恒久基金へ3,000円
ロータリー平和センターへ2,000円 計23,000円

税制上の優遇措置
1.公益財団法人ロータリー日本財団への個人、法人からのご寄付には税制上の優遇措置
2.税額控除と所得控除から有利な方を選択できます
3.税額控除の場合、寄付総額から2,000円を引いた額の40%が控除されます
4.所得控除の場合、課税所得額によって異なります。課税所得が4,000万円を超える方は、所得控除の方が有利になると思われます。
5. 23,000円の寄付では実質負担は14,600円
6. 寄付控除を受ける場合は確定申告が必要です


財団100周年シンポジウム


結びに・・・
ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、人々の健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和 を達成できるようにすることです。そのため、奉仕活動の原資になるご寄付をお願いしています。集金マシンと揶揄される財団委員会ですが、我々は「浄財ボックス」と名づけロータリアンお一人お一人の真心を頂きたいと思っております。本日はロータリー財団の全体像をお話しましたがこのロータリーの奉仕活動の根幹をなす財団100周年の意義をご理解頂き寄付にご協力をお願い致します。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31