国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「ロータリーを語る」(2019/7/18)

「ロータリーを語る」 (2019/7/18)
                                 武田 亨会員


本音を申し上げると30年前の私はロータリークラブ及びライオンズクラブの存在は多少知っていたがその内容まで知らなかった。当時医師会役職に摻っていたので関心はなく役職に重点を置いていた。

 医師会大先輩で法律の生き辞引きと云われたY先生に種々とご指導いただいた。その頃歯科治療の主治医は本町で開業のM先生だった。両先生共にライオンズクラブの会員で、お会いする度に入会を勧められたが丁重にお断りしていた。やがて医師会役職より開放されてほっと一息。

折しも当クラブ元会員であった医師会のN先生とS先生が入会をしきりに勧誘。その熱心さ、強引さ、説得力に当方も根負けし入会を決意致した次第。(66才1994年)

入会して諸先輩の温かきおもてなし、親切さ、励ましに会員としての誇り嵩さを感じ今日に到っており、入会した意義を強く感じた。現時点で年令だけは最年長。


※職業奉仕

いう迄もなくロータリークラブの誇れる看板である。職業奉仕なくしてロータリーは存在しない。唯一の奉仕活動である。自分に与えれられた職を天職と考え自己研鑽し生活の糧とし広く世間に啓蒙し、且つ分け与えるべきである。苦しい時、挫折に遭遇の際も立直って努力すべきだ。「入りて学び出でて奉仕せよ」の精神が肝要である。

※出席義務

重要視して課さなければならぬ義務の一つである。都合悪い時はメークアップ制度もある。或る段階に達すれば出席免除制度も設けられている。他クラブ訪問の際ゲストとして印象に残ったクラブも2~3体験している。

※固定席(常席)

大体どこのクラブ定席が多い。安定感、居心地、落着き、気楽さ等が理由であると考えるが1時間の会合に単に儀礼的に出席し目礼挨拶だけでは何かわずらわしい、淋しい限りで、年に3~4回はクジ引きを取り入れ、席替えも良いのではないか。(提案です)

※イニシエーションスピーチ

所謂自己紹介でどの世界でも共通であるが新会員はその時点で諸先輩のイニシエーションは知らないのでこれも年に3~4回、1人5~10分程度の近況報告程度の卓話が望まれる。(これも提案です)

※女性会員と増強

今後の最重要問題であることは云う迄もない。当クラブにも3年前より女性会員が入会され現在3名在籍している。和やかさ、優雅さ、温かさ、家庭的な雰囲気を演出され場を明るいものに包んでくれる。今後も尚増強そして若人の台頭も望む。余程の問題がない限り、「来る者拒まず去る者追わず」の精神で進むべきだ。この世には男と女しか存在しない。

******閑話休題*****

    建築業

    4才女児

    高校生

    家庭主婦

    妙齢女性

 

 

 

コメント

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31