国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「ポール・ハリスが教えてくれたこと」(2019/11/28)

「ポール・ハリスが教えてくれたこと」(2019/11/28)
国際ロータリー第2750地区 直前ガバナー 服部陽子さん
(紹介 飯村 雅洋会員)

1905223日 ロータリーの創立】

 ・充実した職業倫理のないシカゴで信頼できる仲間作り

  ポール・ハリス 弁護士

シルベスター・シール 石炭商

 ガスターバス・ロア 鉱山技師その後数年で退会

ハイラム・ショーレー 洋服の仕立て屋2回のみ出席

                  

           会員増強と維持の必要性

 

【シカゴから全米、世界に拡大】

 ・1908年 二つ目のロータリークラブがカリフォルニアの

サンフランシスコに誕生

オークランド、ロサンゼルス、ニューヨーク、

ボストンと発展

 1910年 12番目のクラブとして、ニューオリンズロータリー

クラブが誕生、全国の会員数は約1,800人に

達した

1918年 南アメリカにロータリークラブ誕生

1919年 アジアで初のフィリピンのロータリークラブ誕生

1920年 ヨーロッパで初のスペインのロータリークラブ誕生

      日本で初の東京ロータリークラブ誕生

1921年 オーストラリア、アフリカにロータリークラブ誕生

1925年 クラブ数はおよそ2,000、会員数はおよそ11万人

 

【拡大・増強の成功を支えたものは・・・】

・一業種一会員制という制度を守ったこと

・相互扶助から、社会貢献へ視野を広げたこと

・ロータリー活動の為、仕事や家庭を犠牲にすることもあったがポール・ハリスたちは「ロータリーは世界のどんなクラブとも違う素晴らしいものである」と心から信じその拡大に努めていた

その想いを友人、知人に語り入会を勧め、

入会した人はクラブに満足していく

 

【ロータリークラブの会員でいることで・・・】

・信頼できる良い仲間がいる

・社会の役にたっている

・より良い自己を目指し、互いに高め合うことに

限りない喜びを感じていた

 

【中核的価値(コアバリュー)】

 ・奉仕、親睦、高潔性、多様性、リーダーシップ

 

【ロータリーのビジョン声明】

ROTARY VISION STATEMENT

 ・私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、継続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています

 ・もし、今、ポール・ハリスが生きていたら、このような

時代の変化をどのように受け止めていたでしょうか?

 

1945年 雑誌ROTARIAN

・私は、ロータリーの草創期が始まったばかりと考えたいと

  思います。今迄と同じくらいしなければならないことが

  たくさんあります。万華鏡のような変化が起きています。

  ロータリーはパイオニアとなりつづけなければなりません。

  さもなければ進歩に取り残されるでしょう。

 

 【多様性(Diversity)】

  ・個性あるクラブの集合体

 (朝から元気、地域密着、国際奉仕、伝統的正統派、

 多忙な若者も活躍、ITを活用、全員参加)

 

【クラブ会員基盤の構成】

 多様性に配慮しての基盤強化

 ・職業分類による多様性

 ・年代別の多様性

 ・ロータリー経験の多様性

 ・男性会員、女性会員

 

【クラブ会員の個性】

 親睦命、リーダーシップ、研究熱心、出席100%、

陽だまり、人脈なら、奉仕命

 

【日本でロータリー100周年を迎えようとしている今、忘れてはいけない2つのこと】

ロータリーの目的、精神をよく理解し、ルールを守った上でそれぞれのクラブがその個性を発揮すること

自分と違うものを互いに認めあって共存すること

*東京武蔵野中央RCが会長の振るタクトの下に素晴らしいオーケストラとなって活躍を続けられることを祈念いたします。

 

プロフィール

200012

RI2750地区東京広尾ロータリークラブ入会(チャーターメンバー)

 

 

2006-07年度 クラブ会長

2018-19年度 ガバナー

米山化学株式会社 代表取締役社長

公益社団法人 国際日本語普及協会 理事


 

コメント

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31