国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「スタートアップRYLA」(2018/8/30)

「スタートアップRYLA」(2018/8/30)
 

2580地区RYLA委員長  嶋村 文男さん

皆さんこんにちは。今年度松坂順一ガバナーは、更なる青少年奉仕活動を推進する目的で、地区単位のRYLAを採用し、実施する事になりました。

RYLA(Rotary Youth

 Leadership Awards) ロータリー青少年指導者養成プログラムは、1971年に国際ロータリー理事会で採択されたプログラムで、国際ロータリーが推奨する4つの青少年奉仕活動のひとつです。RYLAの目的は、地域社会の若い人々の指導力および善良な市民としての資質や個人の能力を伸ばすことです。RYLAは、ロータリアンが直接関与できる機会であり、一番ロータリーらしい青少年奉仕活動とも言われています。

 松坂ガバナーは、地区ターゲットに『研修と活性化』を揚げました。RYLAに対する理解と支援をお願いする中で、各クラブの地域社会の中でリーダーとして嘱望される若者を見つけ出し推薦をお願いします。<RYLAでクラブの活性化を>それは、クラブから推薦いただいた受講生はRYLA受講後RYLArianとして、私たちのロータリーファミリーの一員となり各々のクラブと共にその地域社会を良くする活動を一緒に考え、新しい奉仕活動を拡げる起爆剤となるという事です。又、RYLAに参加した受講生が将来、青少年の指導者として地域の中で活躍する事を、応援するという意味でもクラブの青少年奉仕活動になりうると思います。

 私たちは、2580地区初めてのRYLAを自然豊かな沖縄県南部、南城市にある『玉城青少年の家』で、来年201931日~3日の23日で開催する事にしました。共同生活を体験しながら新しい友人と出会い、語り合い、自分を見つけ直し、多様性を感じ合う。そして、スキルと人格を養いながら、奉仕、高い道徳的基準、平和といったロータリーの価値観を学ぶ機会を提供します。

そして、今年度のRYLAプログラムのテーマを“心にふれ合う”とし

①新しい友人を発見して、他者の心にふれ合う

②自分を見つめ直し、自身の心にふれ合う

③ロータリーの心にふれ合い、奉仕の心を養い平和について考える機会とする

④受講者の心にふれ合い、ロータリアン自らの教育の場とする

 各クラブの皆様には、RYLA受講生の推薦をお願いします。

 対象になる方は、年齢 2030才の青年男女であります。地域社会で活躍している青少年を中心に、会社の従業員やロータリアンの子息、ローターアクター、ROTEX、米山奨学生や米山学友など様々でありますが、将来私たちと一緒により良い社会を作る事ができる青少年を見つけ出し推薦してほしいと思います。

 <青少年は私たちの宝であり希望であり未来です。>

 次世代を担う若者を探し出し、応援し、期待を込めて指導する。そして勇気を与えたいと思います。

 何卒、RYLAに対する理解と受講生を見つけ出すことに、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

 

 

コメント

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30