国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「2020-21年度武蔵野分区ガバナー補佐・分区幹事表敬訪問」(2020/6/4)

「2020-21年度武蔵野分区ガバナー補佐・分区幹事表敬訪問」(2020/6/4)


2020-21年度武蔵野分区ガバナー補佐を務めます飯村です。よろしくお願いいたします。

本来3月より、6クラブへの訪問を行く予定でしたが、COVID-19の影響で実施できず、本日が第1回の訪問となります。
ガバナー補佐には様々な務めがありますが、何項目かを列記します。

・次期クラブ会長と会い、クラブリーダーシッププランの推進、実施、見直しを行い、クラブの目標について協議する。

・クラブに、ロータリークラブセントラルに目標を入力し、達成状況を追跡するよう奨励する。

・各クラブを定期的に訪問し、クラブの活動、リソース、機会について協議する。

*野生司ガバナーからは、各クラブを5から6回の訪問を実施するように要請されている。

2020-21年度 国際ロータリー会長の「ホルガ―・クナーク」さんは、テーマを「ロータリーは機会の扉を開く」(Rotary Opens Opportunities)と発表されました。 ロータリーとは、クラブに入会することだけではなく、無限の機会への招待である。
私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています。奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要としている人たちのために機会を生み出すものである。
奉仕プロジェクトを通じて、会員自身や受益者の人生をより豊かにするための道を開くのがロータリーであると説明されております。
マークは、
 

誇りのシンボル歯車のロータリーゴールド

ローターアクターを示すクランベリーレッド

ロータリアンのロイヤルブルーで構成されています。


例年地区テーマを掲げていますが、当地区はこのテーマをそのまま使用して、活動していきます。

《地区活動方針》

・会員増強

年度目標を700名とガバナーは話しております。各クラブは年齢構成を把握して、会員増強に力を注ぐようお願いいたします。(単純計算で1クラブ7名)

・公共イメージ向上 

・ロータリーデー開催

 世界で良いことをしている団体であることを、地域社会へ認知してもらうためであり、会員増強に繋げることができる。

・ガバナー補佐を中心に、分区別クラブ活性化セミナーの開催

・奉仕活動情報交換研究会の開催

 社会奉仕委員会、国際奉仕委員会、青少年奉仕委員会を、奉仕プロジェクトグループを設け、統合します。これにより、クラブに於いて、CLPの導入がしやすくなりましたので、3委員会が協力して、多くの会員が参加できる奉仕活動を推進してください。

 

《ガバナー補佐からのお願い》

・公共イメージ向上委員会または、公共イメージ向上担当委員を設けてください。

6クラブの合同情報交換会(ロータリーを語る)の開催。

・新会員向けにオリエンテーションの実施

 

《分区活動予定》

・第2回会長・幹事連絡協議会 6月19日(金)吉祥寺東急REIホテル

・第3回以降の会長・幹事連絡協議会は日程調整中

・インターシティーミーティング(IM)11月5日(木)吉祥寺東急REIホテル 16時開始予定。パネルディスカッション、講演会、懇親会の3部構成

 

コメント

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31