国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「2017-18年度 委員会活動報告」(2018/6/21)

「2017-18年度 委員会活動報告」(2018/6/21)

親睦活動委員会

岩井昭治委員長

親睦活動委員会より下半期の親睦活動についてご報告致します。メンバーは委員長の岩井と細川委員・

髙橋大委員・東委員・(山田委員)・6月より加わって頂きました中川委員で御座います。                          会長の基本方針に則り例会を充実させ親睦を深めるという事で1年間務めて参りました。下半期の活動計画としては、1月の新年会、4月の親睦旅行の2つの活動を実施いたしました。                                                               新年会は1月11日の18:30からここ吉祥寺東急REIホテルで開催し、美味しい料理を頂きながら和やかな雰囲気の中、会員同士の親睦が更に深まりました。

4月の親睦旅行では福島の復興の一助という目的のもと、14~15日で福島県の母畑温泉「八幡屋」へ宿泊し、日本三大桜の三春の滝桜鑑賞というプランで、豪華サロンバスで行って参りました。参加人数は会員と家族を合わせ総勢20名の方に御参加頂き有難う御座いました。今回の宿はプロが選ぶホテルランキングで1位となった「八幡屋」に宿泊し、美味しいお酒と食事を頂き、ゆったりした時間を過ごす事が出来、大変癒されました。(ホテルランキングは36年間石川県の「加賀屋」さんが1位で「八幡屋」さんが2年前に1位を取った事は業界では衝撃だった様です。現在はまた「加賀屋」が首位だそうです。)もう一つの見所の三春の滝桜ですが、今年は桜の開花が例年より早いという事と旅行中の天候が悪いという予報でしたので、散っていないか心配しましたが、何とか花びらが残っていて鑑賞することが出来ました。樹齢1000年のベニシダレザクラは本当に見事な巨木で大変感動致しました。

この1年間を通して親睦活動の重要性を学び、自分自身も成長出来た事に感謝申し上げます。

 

国際奉仕(米山奨学)委員会

清本正法委員長

田中永二会員、臺徳二郎会員、近藤忠男会員と活動してまいりました。本年度国際奉仕(米山奨学)委員会では5項目の活動計画でスタートしました。

1)米山月間及び平和と紛争予防・解決月間に米山学友の喩静(ゆじん)さんの卓話を行いました。

2)海外クラブとの交流を検討することについては、髙橋会長より現在第2580地区と友好地区である台湾の地区が2つに分割され新たに友好地区として調印が結ばれる機会に台湾のクラブと交流を始めてはとの提案をいただきましたが、現状では難しいのではとの多数のご意見があり、将来の検討課題としました。

3)米山奨学会への寄付について、特別寄付3名、普通寄付会員1人3,000円を実施しました。また、米山記念館に会員1人100円の募金を行いました。ご協力ありがとうございました。

4)トロント国際大会については、本年クラブとしては参加しないということなので案内をすることだけにしました。


コメント

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30