国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「2014-15年度委員会活動報告」(2015/6/18)

「2014-15年度委員会活動報告]-クラブ協議会(2015/6/18

会長挨拶

清本 正法会長
今年一年、拙い会お運営にお付き合いいただきありがとうございました。理事、役員の皆様には、会の運営にご協力いただき心より感謝申し上げます。各委員会の活動については、各委員長のみなさんがご報告していただきましたので改めて申し上げることはありませんが会長方針に沿った活動をしていただきました、一年間ご苦労様でした。本年度活動計画に、「創立31年を迎え、今迄のクラブ運営全般を再検証し、35年、40年に向け活力あるクラブを目指す。」をお約束しました。髙野ロータリー情報委員長には理事会に出席いただき事あるごとにアドバイスをいただき、髙橋幹事にはクラブ細則の見直しをお願いしました。本日会員の皆様にご承認いただき、次年度の石引会長に良い形で引継ぎできました。

職業奉仕委員会

小林 清委員長
平成26年10月9日の例会において、職業奉仕月間に因んで地区職業奉仕委員の布目会員による「職業奉仕の心とその実践」をテーマに卓話を実施しました。同年9月1日と11月18日の2回にわたり、地区主催の「地区職業奉仕セミナー」に職業奉仕委員長、職業奉仕委員、入会5年未満の会員が参加しました。
平成27年3月23日(月)地区主催の地区職業奉仕委員会と地区社会奉仕委員会の合同セミナーが開催されました。
これに、職業奉仕委員長の私が参加しました。合同セミナーの内容は、講師江守正多氏(国立環境研究所地球環境センター室長)の講演「地球温暖化リスクと人類の選択」、講師大木裕子氏(「住んでいい町、ダメな町」の著者)の講演「自然災害密集地の東京で暮らす」、古宮、多田両パストガバナーと両地区奉仕委員長によるパネルディスカッションでした。
環境に関するセミナーでしたので、結果的には、職業奉仕委員長の私が勉強してきただけで、会員の皆様にその内容をお伝えすることもなく、下半期はとりたてて活動報告できるものがなかったことについて、申し訳なく思っております。
1年間、会員の皆様のご協力に感謝申し上げます。


社会奉仕委員会
               
齋藤 興一委員長
社会奉仕委員会での上半期イベントで、FC東京・関東バス・武蔵野市民社会福祉協議会(社協)、そして我が武蔵野中央ロータリークラブ主催の「親子でサッカー観戦」が大きな活動でした。上半期の大きな活動は終わり、下半期では掲げていた活動計画を遂行することが出来ませんでした。申し訳御座いません。ロータリー希望の風奨学金の継続及び親子でサッカー観戦この2点を、今年度出来た事をご報告させて頂きます。


米山奨学委員会

田邊 軌夫委員長
本年度、当クラブでは、米山奨学生・嘉悦大学経済学部4年生のマンドゥモゥギィペロルさん(コートジボワール出身)を受け入れ世話クラブとして活動しました。米山奨学事業の理解を深める為、「米山記念館訪問」と「墓参(静岡県三島市)」のバスツアーに参加し、11月の例会では、「侍の国へ」のタイトルで米山奨学生のペロルさんの卓話を行いました。また、米山奨学会への普通寄付を一人6,000円、特別寄付を2名、そのほか、米山梅吉記念館へは一人500円の寄付をしました。皆様のご協力ありがとうございました。

会員選考(職業分類)委員会
杉山 清二郎委員長

会長方針にありますように我々と一緒に奉仕の仲間を増やす事を目的として、当クラブの会員に相応しいかどうかを基準に選考致します。現在、年度末までに1名の方の会員選考を行う予定です。職業分類については、現状のままとなります。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31