国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「2014-15年度委員会活動報告」(2015/6/11)

「2014-15年度委員会活動報告]-クラブ協議会(2015/6/11)


会員増強委員会

飯村 雅洋委員長

今年度の会員増強委員会は、金子会員、三宅会員と飯村の3名で臨んできました。5名の方に入会を勧めましたが、
1.自身入会する意義を持たない 
2.平日の日中に時間を割くことが困難である
3.ビジネスにプラスとならない、との理由により会員増強には至りませんでした



親睦活動委員会

細川 康夫委員長

ジャズピアニスト菊池麻由さんとトランペット松木理三郎さんによる演奏でお楽しみ頂きました7月の納涼夜間例会から始まり、12月には、あさみちゆきさんに歌って頂きました年末家族親睦会、1月には新年会、そして5月に会員16名・ご夫人12名で楽しんで参りました親睦旅行を実施いたしました。残すは今月25日の最終夜間例会のみとなっております。期首に実施を考えておりました観桜会は、残念ですが諸般の事情によりまして見送りとさせて頂きました。全般的には楽しく親睦を深められた一年であったと思います。親睦委員・会員の皆さんのご協力に感謝を致したいと思います。ありがとうございました。反省点としては、年末家族親睦会のアトラクションを、お子さんやお孫さんにも楽しめる内容に今後していきたいと思っております。この件につきましては、次年度親睦委員長の外所さんに引き継いで参りたいと考えております。 また、ビジターの方への挨拶・ご案内・お見送りの徹底につきましては、SAAの方々と協力し、特に川村会員には率先して動いて頂き、おもてなし力もアップしたのではと感じております。親睦委員・SAA委員の皆さん、ありがとうございました。
最後に出席率のご報告ですが、5月末時点で95.31%となっております。ちなみに修正出席率において100%の例会が10回ございます。期首に会員の皆さんには、出席率95%達成のお願いを致しました。今日を含めて残り3回の例会となりましたが、年間の95%達成が現実味を帯びて参りました。皆さん最後までよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

クラブ会報委員会

平野 京一委員長
今期1年間、クラブ会報委員長を務めさせて頂きました。委員長の新島さんが転勤なされ退会されたため、私が委員長を引きうけることとなりました。引継ぎのないまま写真撮影を始めましたが、写真機の扱いもままならず悪戦苦闘する日々が続きました。7月に入り、外所さんの入会がありクラブ会報委員会に所属していただき心強く思いました。私も体調がすぐれず、11、12月は休養の為お休みを頂きました。その間、外所さんには毎週の写真撮影を任せきりになり本当に申し訳ありません、ありがとうございました。皆様方のご協力のお陰で1年間務め上げることができました、感謝の気持ちでいっぱいです。今後は今の職業を大切に、奉仕の輪を大切に続けていこうと思っております、これからもどうぞよろしくお願い致します。

ロータリー財団委員会

北 滋委員長
ロータリー財団の使命は、ロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親睦、平和を達成できるようにすることです。非営利組織である財団は、ロータリアンを始め、より良い世界を築こうとするビジョンを共有する財団支援者の自発的寄付によって支えられています。
・年次基金寄付:地元や海外で実施されるロータリー財団の幅広い活動を支援する主な資金源です。 会員一人当たり$100-。(次年度より$150-)
・恒久基金寄付: ロータリー財団とそのプログラムや補助金の長期にわたる存続を確実にするためのもの。
・使途指定寄付: ポリオプラスやロータリー平和センターなど使途を指定した寄付。
ロータリークラブの奉仕活動は、これらの寄付により成り立っています。
財団委員会は、昨年7月の地区研修協議会に始まり、7月8日の地区財団セミナー、11月11日の地区財団委員会での研修により、財団事業の理解を深める努力をしてまいりました。
【2014-15年度】
①年次寄付金として、38名分×$150-(581,400円)の寄付を行いました。
②恒久基金と、使途指定寄付としては、3名分×$1,000を行いました。
③11月のロータリー財団月間(11/27)には財団学友の谷川喜祥さんによる「留学報告」、1月のロータリー理解推進月間(1/22)には地区ポリオプラス委員の小林 力さん(東京セントラルパークRC)による「子どもたちにポリオのない世界を」の卓話を実施し、財団に関する理解を深めました。

プログラム委員会

柳原 克哉委員長

基本方針:
①会員同士の相互理解を深める卓話
②ロータリーを学び、活動を深める卓話
③魅力的な卓話の実施を目指す
活動計画:
①会員による卓話(ロータリー歴の短い会員にも積極的に卓話をお願いする)
②卓話リストの活用
③月間目標に沿った卓話
④出来る限り幅広いテーマで!
結果:
卓話30回(32名)実施
①会員卓話8名(外所会員、武田会員×2、細川会員、齋藤・双木会員、髙野会員、鈴木会員)
②卓話リストの活用2回
③月間目標に沿った卓話(会員増強、青少年、職業奉仕、米山、財団)
④幅広いテーマ
・ロータリーの理解やロータリー活動等に関わる卓話
・職業などに関する卓話
・地域(武蔵野、吉祥寺)、国内(オリンピック、水素社会)に関する卓話
・国際問題などに関する卓話(国連の食糧支援、ミャンマーの国際化)
・健康、知識に関する卓話
・クラブコンサート2回

青少年奉仕委員会

布目 勝也委員長

今年度の活動実績としましては、ひとつ目は職場体験を実施いたしました。これは、当クラブが職場体験の受け入れを表明しているリストをご覧になった東京都立武蔵村山高校からのご依頼に答えたもので、当クラブ杉山会員のご協力の下、同会員の経営します「社労士法人オフィススギヤマ」にて実施されたものです。
今回のご依頼の趣旨は、武蔵村山高校 進路指導部が行う、進学あるいは就職など進路の決定を控えた2年生を対象に、自分が将来の仕事選びを行うにあたっての参考としてもらうことで、現在興味のある分野の職場で実際に業務を行うインターンシップ制度の形をとっております。そうしたことから、通常の職場見学以上に参加される生徒さんの進路決定にとって意義のある取り組みだと考え実施いたしました。日程は、昨年8月18日と19日の2日間、希望者2名の生徒に対して行われました。18日は、午前9時30分から午後5時まで、午前中は「社会保険労務士とは」と題して、杉山会員お手製のオリジナル教材を用いての座学、社会保険労務士の資格取得の条件・方法から取り扱う関連法規や業務・実務の内容説明まで、みっちり4時間学んで頂きました。午後は、実務体験として、書類の作成や申請書の作成、PCを使ってのデータ入力をといった実際の業務を体験してもらいました。翌19日は、前日、自分で作成した書類を実際に行政機関へ提出することを体験してもらいました。またさらに飯田橋のハローワークの見学、健康保険組合の見学も併せて実施しました。杉山会員の適切なご指導のもと、生徒さんには意義深いインターンシップになったと考えております。今後も当クラブ会員のみなさんのご協力の下、次世代を担う若者たちに向けて有意義な職場体験、インターンシップを実施していきたいと考えています。
二つ目に、一昨年8月、当クラブがホストクラブとなり、フランスのマコン・ロータリークラブが受け入れクラブとして、交換留学生 永藤寛太郎くんを送り出しました。昨年の6月26日に帰国、8月28日の例会で帰国報告の卓話をしてもらいました。永藤くんは、留学に先立ち、2013年10月より月に一回、クラブの例会に出席してくれており、また派遣予定学生対象のオリエンテーションや、毎月の茶道のお稽古などにも積極的に参加しておりました。 元々控え目ながらも礼儀正しい好青年ですが、帰国した彼は、その良さはそのままに、大変たくましさも身につけて帰って来たように見受けられました。
三つ目にローターアクトについては、新世代のための月間にちなみまして、9月11日の当クラブ例会において、国際ロータリー第2580地区東京荒川ローターアクトクラブ副会長 福田一輝さんにお越し頂き、卓話を頂戴いたしました。福田さんからは「ロータ-アクトとは“46年の軌跡と未来への一歩”」という演題で、ローターアクトクラブの誕生の経緯から、ローターアクトの目的、ローターアクトの目標についてご講演頂き、大変意義深い勉強をさせて頂きました。

ロータリー情報委員会

髙野 清香委員長

1.今年度入会の外所会員が、早くクラブライフに馴染めるように、オリエンテーションを実施した。
2.平成27年6月4日 18:00より吉祥寺東急REIホテルにおいてインフォーマル・ミーティングを開催し、新会員と会員との親睦を深めた。参加者15名。
3.今年度の計画書の「ロータリー要点クイズ」を次年度計画書用に「新入会員のためのロータリー情報の要点」に変更した。

地区大会実行準備委員会                髙野 清香委員長
この1年間に決定された事項の報告をし、次年度の予定について報告した。次年度に入ったら各担当を決定し、具体的な任務を決める予定です。

会場監督(SAA)委員会
川村 雅憲委員長
倉内、森田、両会員と共に、ロータリークラブの格調と気品を高めるなかで例会がスムーズに進行できるように責任を持ち、またご来賓の方々を心より歓迎し会員も含めより良い印象をもって例会を終えるよう心がけ、ほぼ達成できたを考えている。
また、ニコニコボックスについては会員各位の多大なご協力を得てなんとか目標額に達したと考えている。

友好クラブ担当委員会 
森田 晴雄委員長
当クラブ創立20周年記念に友好クラブをつくり永遠の絆をつくりたいと国際ロータリー2800地区酒田中央RCと友好クラブ締結
2003年 4月1日 「友好クラブ締結盟約書」の締結
2003年12月2日 当クラブ創立20周年記念式典に酒田中央RCが来訪
2006年 9月1日 酒田中央RC創立20周年記念式典に参加
2008年12月3日 当クラブ創立25周年記念式典に酒田中央RCが来訪
2011年 9月3日 酒田中央RC創立25周年記念式典に参加
2013年12月1日 当クラブ創立30周年記念式典に酒田中央RCが来訪、お互いの記念式典をクラブ交流の場として粛々と絆を結んでいる。そして今度2016年12月酒田中央RC創立30周年記念式典に参加予定。
*米山奨学委員会の活動報告は次週掲載いたします

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30