国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「2013-14年度委員会活動報告」(2014/6/12)

「2013-14年度委員会活動報告」-クラブ協議会


クラブ会報委員会

川村 雅憲委員長
クラブ会報委員会として、会報を通し会員のロータリー活動やクラブ方針への意識や理解のさらなる向上をはかり、又会員相互の親睦を促進することを本年度の基本方針としました。とりわけ同委員である石澤会員から、会員同士のコミュニケーションを図る場として、さらに会員の人となりを知る意味でも会報の中にコラムを設け会員にリレーしてもらったらどうか、との提案がありました。一年間を通して全会員に原稿をお願いしこれを繋げてゆくことに多少の不安はありましたが、会員の皆様が快く引き受けてくださり、ご自身の趣味や健康法、旅行での出来事そして地域ボランティア、職業奉仕等々会員の方々の人柄や想いが浮かび上がってくる様で会員相互の理解と親睦の一役を担ったかと思い1年間無事リレーを終えることが出来ました。この‘リレーコラム’を進めるにあたっては当会事務局の方々にご苦労をお掛けしましたが、一年間を通してこのコラムを構成していただいたことに感謝申し上げます。

会員増強委員会

柳原 克哉委員長
優良な会員の増強を図ることは,本クラブだけでなく,武蔵野地区全体の課題となっており,当クラブでも今期,理事会のバックアップの下,会員拡大増強プロジェクトチームが立ち上がりました。プロジェクトチームの下,会員増強ロードマップを作成し,他クラブの会員増強の経験やノウハウに関する卓話の実施,会員候補者推薦アンケートの作成と実施等を行いました。下半期は,推薦紹介者等のお力を借りながら,推薦・紹介いただいた方々に対する勧誘等の活動をしようと考えておりましたが,業務その他諸々の理由でほとんど進みませんでした。申し訳ありませんでした。大変申し訳ありませんが,この点は,次期委員長に引き継ぎお願いできればと思っています。
(なお,私が推薦した方に関しては,人伝に打診等しているところです。ご関心はいただいたようであるものの,残念ながら,今のところ,好反応とは言えない感じです。もう少し努力できればと思っています。)

職業奉仕委員会

布目 勝也委員長
本年1月に職業奉仕についてシドニーシェルドンの話を中心に卓話をさせて頂きました。まだ職業奉仕について詳しく理解が出来ていない身で皆さんの前で卓話をして大変に身のすくむ思いでした。
そのような私には、職業奉仕委員長として十分な活動が出来ていなかったな、と言うのが本音です。
もっと多くの機会を捉えて特に私のように年次の浅い会員さんに職業奉仕について理解を深めていく場を設けなくてはいけなかったという反省があります。本年出来なかった積み残しは次年度の委員長にお願いせざるを得ないのですが、私も次年度は地区の職業奉仕委員をやらせて頂きますので、その立場からお手伝いをさせて頂きたいと思います。

社会奉仕委員会

小林 清委員長
平成26年2月6日、社会奉仕委員長小林が「ロータリー希望の風奨学金について」と題して、卓話を実施しました。「ロータリー希望の風奨学金」では、会員の皆様から一人1万円計40万円の寄付を募り、当クラブが10万円を支出して、合計50万円を当クラブ30周年記念としてロータリー東日本大震災青少年支援連絡協議会に寄付しました。同協議会から、「ロータリー希望の風奨学金への支援」のお礼状、また、感謝状を頂きました。 親子でサッカー観戦でも感謝状を頂き、本年度は二つの感謝状を頂きました。これも、ひとえに会員の皆様のご支援ご協力の賜物と感謝申し上げます。ありがとうございました。

友好クラブ担当委員会

台 徳二郎委員長
本年度の重点活動である、「創立30周年記念行事に協力し、友好クラブ「酒田中央ロータリークラブ」の皆さんをお迎えし、30周年記念行事を盛大に行い、会員相互の理解と友好を深めることができました。ゴルフコンペ、7名。三鷹の森ジブリ美術館見学、20名。記念式典行事、26名。


創立30周年実行委員会

萩野 紘一委員長
お陰様で30周年記念式典並びに記念事業そして記念誌を年度内に発行し、全て無事終了出来ました。これも、会員皆様の絶大なご協力の賜と心より感謝上げます。
昨年度より準備委員会を発足させ、今年度に実行委員会へ移行し本格的な活動が始まり完了するまで2年の歳月を費やしました。記念事業として、井の頭公園のシンボルとなる太陽電池電波時計塔を10月に竣工させ東京都に寄贈。式典当日は、記念講演として作家の山本一力氏をお招きして「生き方雑記帖」の演題でお話いただきました。山本一力氏のロータリークラブとの深いつながりをうかがい知る大変有意義な記念講演と為りましたし、シャンソン歌手伊藤愛子氏をお迎えしての祝賀会は、美味しい食事を頂きながら、和やかな雰囲気で終えることができました。記念式典当日「前後」の行動記録を記念誌・DVDにおさめ、4月に会員皆様、5月には来賓の皆様へ無事に発送を済ませました。友好クラブや近隣クラブより礼状が沢山届いております。
30周年実行委員会は、飯村会長より「会員と家族がみんなで楽しめる30周年事業を」との要望に、充分に応えられたのではないかと思っています。この30周年事業が、実行委員会のメンバーを始め、会員並びにご家族のご協力で全てつつがなく終了することが出来ました事を、重ねて御礼申し上げます。


武蔵野分区

上山 昭治ガバナー補佐
本日の「東京田無RC創立45周年記念例会」、「武蔵野分区合同連絡会」、「地区納めの会」とあと3回、分区ガバナー補佐としてのお役目が残っております。分区内の各クラブを年に2縲怩R回訪問するよう言われておりましたので、そのように出来たと思います。武蔵野分区はどのクラブもとてもまとまりがあり、例会の雰囲気がとても良い印象を受けました。分区の雰囲気も良く、皆様のご協力のおかげで本年度のIMも無事に終えることができましたが、会員増強に関してはいまだ課題が残っており、厳しい状況です。ロータリー全体で会員増強については引き続き取り組んで行かなければなりません。この1年のガバナー補佐としての経験を次にいかせるよう考えて行きたいと思って居ります。この1年を通して、本当に沢山の方とお会いできた事はとても素晴らしい経験でした、また、クラブの皆様方には多くのサポートをしていただき心より感謝申し上げます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31