国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「2017-18年度 委員会活動方針発表」(2017/7/13)

「2017-18年度 委員会活動方針発表」(2017/7/13)

親睦活動委員会 / 岩井昭治委員長

今年度、親睦委員長を仰せつかりました岩井でございます。メンバーは細川委員、山田委員、髙橋大委員、東委員の5名で1年間務めさせていただきます。
基本方針・活動計画についてはクラブ概況書の20頁に記載した通りでございますが、特に会長テーマの「ロータリーを語り、奉仕(Service)を実践しよう!」の原点が例会を充実させる事とありますので、SAA委員会と密に連携をして、会員同士の親睦が深まるよう和やかな雰囲気作りを心掛けたいと思います。ただ委員のメンバーが私を含め、まだ会員としての年数が浅い事もありますので、この例会の伝統や礼節を重んじながら進めていきたいと考えております。 活動計画では9月の夜間移動例会を清本会員よりお薦めいただきました深大寺の水神苑という日本料理のお店に決定しております。日本酒の説明を受けながら「きき酒」するという趣向でございます。先日、幹事として連絡しましたところ、向こうの担当者から「べろべろになるまできき酒しますか?それとも普通にしますか?」と聞かれましたので、少し迷って「普通にしてください」と答えました。まだまだ皆さんの嗜好もお酒の飲む量も全く把握していない親睦委員長ですが、どうぞ1年間宜しくお願いいたします。

プログラム委員会 / 双木裕一郎委員長

基本方針:1.会員同士の親睦を深め、ロータリーを学び、奉仕の心が沸き立つような卓話を計画し実施する。 2.会員(ロータリアン)の地域等での奉仕活動等を積極的に取り上げる。  
活動計画:1.月間目標に沿った卓話を実施する。 2.卓話者リストを活用し幅広いテーマの内容を心がける。 3.適宜、新入会員のイニシエーションスピーチを設定する。 4.質の高い卓話、タイムリーな卓話を目指します。

クラブ会報(広報/公共イメージ)委員会 / 大津昭宏委員長

「ロータリーを語り、奉仕(Service)を実践しよう!」という今年度の会長方針を踏まえ、会員相互の情報伝達や交流の円滑化を目的として、会員の活動状況を正しく伝える取り組みを行います。また、それによって対外的にも当クラブに対する理解が深まるような情報発信を行います。具体的な取り組みは次のとおりです。
1.例会や奉仕活動を正しく記録するとともに、会員の相互理解や親睦を深める一助となるような紙面づくりを目指す。 2.会員の意見や要望を取り入れ、より充実した会報となるよう努力する。 3.ホームページの更なる充実を図り、当クラブの情報発信ツールとして活用する。 4.「MYROTARY」の活用を促進する。
会報やホームページ掲載に関するご意見や掲載希望事項のある方は、ぜひお声がけください。皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

ロータリー情報(研修)委員会 / 杉山清二郎委員長

基本方針: 本年度、我クラブのテーマは、「ロータリーを語り、奉仕を実践しよう」であります、会長はその中で「ロータリーの原点を学ぶ」と云っております。当クラブの会員に対し良質なロータリー情報の提供を目指し、且つ委員会の重要な目的であります新入会員に対し必要とするロータリー情報を提供する事を目指します。 
活動計画:1.クラブ会員に対し、卓話時間を活用しロータリー情報を提供する。 2.新入会員(入会3年未満)に対し、インフォーマルミーティングを開催する。その際、親睦活動委員会とも協力し他の会員にも参加頂きクラブ会員の一層の親睦を図る。 3.新入会員に対し適宜、新入会オリエンテーションを行う。

会員選考(職業分類)委員会 / 北 滋委員長

基本方針、活動計画については、クラブ概況冊子に記載させていただいた通りです。会員増強委員会のご推薦をいただき、推薦者など、関係者の意見を参考に、基本方針にてらし速やかに結論を出し、会の発展、充実に努力させていただきます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30