国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「2016-17年度上半期委員会活動報告」(2016/12/22)

「2016-17年度上半期委員会活動報告」(2016/12/22)

◇青少年奉仕委員会◇     柳原克哉委員長
本年度は杉山委員と2名で活動しております。前年度当クラブでホストをしまし青少年交換留学生のカヤ・ニールセンさんが、7月に帰国しました。ホストファミリーをお引き受けいただきました皆様に厚く御礼を申し上げます。今後、今回の経験をクラブ内で共有する機会を作れればと思っております。下半期もよろしくお願いいたします。


◇職業奉仕委員会◇      小林 清委員長
活動報告に代えて、先日の勉強会出席の概要をお話します。去る11月24日、地区職業奉仕委員会主催の第1回「職業奉仕研究会」が開催されました。議題は「事例(ケース)で考える職業奉仕縲恬マ理と職業奉仕縲怐vということで3部構成の2時間にわたってのテーブルディカッションでした。
第1部(初級)は、職業奉仕の定義とは?、四つのテスト、ロータリーの目的、ロータリーの行動規範、職業奉仕に関する声明、職業宣言、Service Above Self、One Profits Most Who Serves Bestの和訳について、第2部(中級)は、職業倫理について6つの事例研究、第3部(上級)は、今後の課題として、職業分類はなんですか、クラブでの職業奉仕委員会は何を行いますか、具体的な職業奉仕活動を挙げてください、職業奉仕について日本とRIの考え方に違いがあると思いますか、ということでした。事例研究の一つを紹介します。
「会員Aさんのクラブでは、入会1年の会員Bさんが、自分の関係する米国会社を通じての海外投資話を持ってきました。利回りの良い海外投資ファンドがあり、日本の政府系資金も運用しているのでいいですよ、という話でした。B会員がその投資の主催者ではないようなので、安心して投資できると前向きの会員もいるようです。こんな状況に対し、あなたならどうしますか。」
さて、会員の皆様、自分ならどのようにお考えになりますか。


◇社会奉仕委員会◇     清本正法委員長
①前年度まで実施していた「親子でサッカー観戦」に代わる社会奉仕活動の筋道をつけるべく、地域の社会福祉法人の方にお会いしましたが、ロータリークラブの活動としてはあまり相応しくないと判断いたしました。②ロータリー希望の風奨学金へは下半期に寄付を行います。③ロータリーの社会奉仕を考えよう!ということで、3月には櫻井権司パストガバナー(RI研修リーダー)に卓話のお願いをしております。④井の頭恩賜公園100周年記念のイベントへ当クラブよりパネルデータを提供しロータリーの公共イメージ向上に寄与しました。④地区副幹事としての報告ですが、地区社会奉仕委員会では11月に東北被災地視察を行いました。


◇友好クラブ担当委員会◇     森田晴雄委員長            当クラブ創立20周年記念に友好クラブをつくり永遠の絆をつくりたいと第2800地区酒田中央RCと友好クラブ締結しました。(2003年4月1日「友好クラブ締結盟約書」の締結)お互いの記念式典をクラブ交流の場として粛々と絆を結んでいます。2017年4月22日(予定)酒田中央RC創立30周年記念式典が開催されるので、この30周年式典に出席参加を予定している。なお、この式典に家族で参加を予定し、家族親睦旅行として実施したいと、親睦活動委員会と協議して進めている。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31