国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「2016-17年度上半期委員会活動報告」(2016/12/15)

「2016-17年度上半期委員会活動報告」(2016/12/15)

◇プログラム委員会◇  鈴木育男委員長
当プログラム委員会は、武田亨会員と鈴木で担当しております。
2016-17年度上半期卓話は、クラブ皆様のご協力のおかげで、すべての枠組みが埋まりまして、当初の活動計画通り進捗いたしました。詳細は省きますが、1)ロータリー存立の理解を深めること。2)クラブ会員の知識を学ぶこと。3)互いの親睦をより深める楽しい卓話の設定。4)地域の歴史を学ぶ卓話の設定。5)外部講師の知識を聞く卓話の設定。など、バランス良く配置することができました。また規約の改定と運営の変化についての勉強会も行われ、イニシエーションスピーチも入り、充実感のある運営が行われたと思います。卓話の枠がいっぱいのため、武蔵野地域の歴史を学ぶ卓話は、来年に持ち越しました。下半期もまた、皆様のご支援をお願い申し上げます。

◇クラブ会報委員会◇  石澤 敦委員長 
(1)例会での会員の活動状況ができるだけ臨場感を持って伝わるよう、写真撮影に努力した。 
(2)高野清香委員による「重要なロータリー情報」コラムを、紙面の都合を考慮しながら、適宜、掲載している。 
(3)会員誕生日に合わせた「誕生石」の紹介、紙面の余白を利用しての「今月の花」の紹介など、視覚的にも楽しい紙面を目指して努力した。

◇米山奨学委員会◇   北 滋委員長
◇普通寄付
  上半期会費と一緒1人3,000円×39名(7月時点会員数)=117,000円 寄付済。新入会員3名についても11月に寄付
◇特別寄付(目標2名)
  清本正法会員(7/5寄付済 10万円)
  北 滋委員長(12/2寄付済 10万円)
 ◇その他
  10月の米山月間に、①「米山梅吉記念館1人100円募金運動」へ寄付 1人100円×38名  ②10/13の例会で米山奨学生 馬 賽さん(東京大学大学院在学中)に、に卓話をお願いした
 米山奨学委員会は、予定していた年間事業予定を一通り消化しまた。下半期には、これまで以上に「米山奨学会」を理解し協力していただけるよう努めます。幸い本年度は担当副幹事として川村雅憲会員が関わっておいでなので、新奨学生の選考などの情報を伺い参考にしていきたいと考えています。

◇SAA委員会◇   平野京一委員長
今期は、石引、久田原、川村、平野でスタートいたしました。8月に大津会員が入会され、SAAに配属。5名になり、充実した会場監督が運営されましたところ、10月に石引会員が退会されました。一抹の不安がありましたら、10月の理事会で初の女性会員、名倉、道下両会員がSAA委員会に所属すると知らされ、来賓・ビジターの方々にこれまでにない優しいおもてなしができることと歓迎し、不安も消えていきました。上半期は、クラブ来訪者、来賓の方々のお迎え、お見送りは心を込めて行い、できる限りビジターの方に声かけをするように努めて参りました。また、食事に関しては細川総支配人のご配慮により、来賓、ビジターの方々から「美味しい」というお言葉を頂戴し、大変感謝いたしております。また、今年度より、くじ引きにて月に1度席順を決めさせて頂き、気のおけない仲間との会話、情報交換ができたのでは、と思っております。下半期も会員の皆様方とより良い楽しい例会を作って参りたいと思いますので、御協力の程切にお願い申し上げます。



◇会員増強委員会◇   中里崇亮委員長
本年度は、目黒会員、田中会員と3名で活動しております。7月1日時点での会員数は38名、その後数名の退会もございましたが11月に3名の新入会員を迎え現在40名となりました。40名という会員数を維持できることは会員増強委員会だけでなく会員の皆様の協力のおかげと感謝いたします。男性・女性問わず、引き続き会員増強に努めて参ります。


◇会員選考委員会◇   金子和雄委員長
上半期は、新入会員3名の面接を同時におこなうという大変貴重な経験をさせていただきました。その際、職業分類(建築資材卸売業と証券業)をオープンにしました。今後も会員増強の際には職業分類にあまりこだわらず、積極的なお声かけをしていただけたらと思います。


◇ロータリー財団委員会◇   台 徳二郎委員長
◇年次プログラムへの寄付
 下半期会費と一緒に徴収/ 11月のロータリーレート(102円)→11/29に寄付済 1人150ドル(15,300円)×40名
◇特別寄付・・・目標3名
*ポールハリスフェロー
池田一郎会員(7/15 寄付済1,000ドル)
髙橋榮治会員(11/1 ポリオプラス寄付済 1,000ドル)
飯村雅洋会員(12/6 寄付済 1,000ドル)
清本正法会員( 積み立て中 )
*ベネファクター
髙橋榮治会員(7/8 寄付済 1,000ドル)
榎本勝治会員(12/5 寄付済 1,000ドル)
◇その他
  ①11月のロータリー財団月間に、地区ロータリー財団委員田中栄次郎さんによる卓話:「ロータリー財団100周年の意義」を実施
 ②11/27(日)の「ロータリー財団100周年記念シンポジウム」への協力金1人1,000円×(8月末時点会員数39名)=39,000円

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31