国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「国際ロータリー第2580地区 鈴木 喬ガバナー公式訪問」(2015/7/9)

「国際ロータリー第2580地区 鈴木 喬ガバナー公式訪問」(2015/7/9)


国際ロータリー第2580地区 鈴木 喬ガバナー

1.RI会長の強調点:
①会長のテーマ;あらゆる人々が、地位や身の上にかかわらず、才能、能力、努力、そして献身や熱意など誰かの為に与えることのできる何かを持っている。私たちは、ロータリーを通じて、自分たちが身につけたこれらを世界にプレゼントすることで、「誰かの人生に、そして世界に真の変化を起こすことができる。だから、苦しんでいる人の苦しみを和らげてあげよう。言葉だけではなく、実際に何かをしてあげよう。享受するだけでなく、社会に貢献しよう。
②トップクラス、ベストクラスと続く3年目は、ワールドクラスになろう。
③次の2点は引き続き特別のターゲットです。「会員増強」「R財団支援縲恣チに2018年完遂を目指すエンド・ポリオ」
◆次の2点は、変革するRIの方向を示すものです。
④中核的価値観に基づく戦略計画の確立。とりわけ、ソーシャルメディアの活用によってロータリークラブとは何か、他の非営利団体とどう違うかを社会に伝えつつ、ロータリークラブに参加する意義を示し会員増強に結び付ける。
⑤ロータリー・リソースの活用が、クラブの活性化、奉仕活動の創造などに拡がる。

2.
私は、“ラビ”会長の方針は、新たなロータリー活動への幅広い対応を示唆していると思います。RIの多様な変化が、職業奉仕を基本理念とする当地区と乖離していると言われますが、むしろ我々が、職業奉仕理念を踏まえつつ、RIの方向に沿って進むことも必要でしょう。
◇私は、ロータリークラブ活動の根幹と責務はクラブ会長に存在する、と言う概念に基づき、会長は、ガバナー補佐、七大奉仕(R財団、米山奨学を含む)を中心とした地区委員会を活用して、積極的奉仕活動に取り組まれますようお願い致します。
◇ガバナー補佐は、ガバナーを代行し、クラブ会長と緊密な連携で分区各クラブを指導する重責を担うわけですから、卓越したご指導をお願い致します。

3. 地区目標と活動指針
①ロータリーの原点に還る。「親睦と奉仕!」
②リソースの理解と活用の促進。MyRotary、ロータリークラブ・セントラルの地区内会員登録20%増達成。
③2016.2.24-25地区大会の成功。
メイン・テーマ「職業奉仕の具現化~お江戸日本橋と浅草」
④「日台友好特別委員会」
◇当地区と姉妹地区である第3480地区を中心とする台湾各地区との交流活動を支援する。
特に2016年6月5日開催の日台ロータリー親善会議金沢大会を強力に主導支援。
⑤「日韓友好特別委員会」
 ◇RI3650地区を中心とする韓国各地区との交流活動を支援する。
2015年9月4日開催のロータリー日韓親善会議東京大会を支援。
2016年5月28日縲怩U月1日開催のソウル国際大会への参加企画、トウキョウナイトの開催企画。
⑥「ロータリー希望の風奨学金支援特別委員会」
◇地区内外への啓蒙活動及び募金活動。
⑦「バギオ基金支援特別委員会」
◇バギオ基金奨学活動への広報と支援活動。

今年は、国際ロータリー111周年に当たります。2017年にはR財団100周年を迎えます。更に、日本ロータリー100周年が4年半後に近付いて参りました。東京ロータリークラブを中心に様々な企画を練り、準備がスタートしております。その東京ロータリークラブを頂点に戴く当地区はまた、日本のロータリーの頂点であるべく、地区内70クラブが、総力を挙げてロータリー活動に邁進して参りましょう。
各クラブ、全ロータリアンのご尽力にご期待申し上げます。



コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31