国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「国際ロータリー第2580地区 上山昭治ガバナー公式訪問」(2016/11/10)

「国際ロータリー第2580地区 上山昭治ガバナー公式訪問」(2016/11/10)



国際ロータリー第2580地区 上山昭治ガバナー
1.2016-17年度国際ロータリ ジョンF. ジャーム会長テーマ
「Rotary Serving Humanity」人類に奉仕するロータリー
                                    
2. 「国際協議会」 2016-17年度 RI会長 講演要旨
①ポール・ハリスが、111年前にロータリーを創設した目的、すなわち「価値観を分かち合える人を見つける」ということは、今日も人々がロータリーに入会する理由となっています。 誠実さ、多様性、寛容、友情、平和を信じ、人生の最大の目的は人類のために奉仕することだと信じている人々と出会うことです。
②多様性を強みとするロータリーは、今も職業分類を基本としています。高い倫理基準は時代を越えた価値観であると信じる私たちは、今も「四つのテスト」を壁に掲げています。そして何よりも、ポール・ハリスが信じたのと同じように、人生の最大の目的は人類に奉仕することだと信じています。

3. 2016-17年度 国際ロータリー目標
〈主たるもの〉
①会員増強と維持
 「私たちが目指すのは、単にロータリアンの数を増やすことではなく、ロータリーによる善き活動をより多く実現させ、将来にロータリーのリーダーとなれるロータリアンを増やすことです。」(2016-17年度RI会長 講演より)
②ポリオの撲滅
③ロータリー財団に対する理解と協力
    ロータリー財団100周年

4. 国際ロータリー第2580地区2016-17年度モットー
“出会いを大切に”
①重点項目  親睦と研修
ロータリーに対する理解を深める
ロータリーの良さを知ってもらう
特に入会3年以内の会員に対して・・・
「ロータリーの楽しさを知ってもらい退会防止に努める」
②ポリオ撲滅活動:最初の提唱者が日本人ロータリアンであることを知ってもらう
RI第2580地区 東京麹町ロータリークラブ
山田 彝様
峰 英二様
③ロータリー財団に対する理解を深め協力を求める
ロータリー財団100周年
④オンツーアトランタ
多くの会員に参加してもらう






コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30