国際ロータリー第2580地区 東京武蔵野中央ロータリークラブ 今週の卓話

「クラブ協議会/2015-16年度委員会活動報告」(2016/6/16)

「クラブ協議会/2015-16年度委員会活動報告」(2016/6/16)


クラブ会報委員会

石澤 敦委員長

①毎週の卓話、会員誕生日、各種表彰、夜間例会に関連して、卓話者や会員の表情、会の雰囲気ができるだけ生き生きと伝わるような、写真撮影、記録つくりに努力した。
②会報作成に関しては、従来の会報の様式を越えることができず、もう少し新たな視点で会報を見直す努力をすべきであったと感じている。
③「私の伝えたい一言」コラムに関しては、当初、数名の方から原稿を頂き掲載できたが、後が続かず、もう少し積極的に原稿依頼をお願いすべきであったと反省している。
④次年度も本委員会の担当となったので、今年度の反省点を考慮し、よりよい会報作りに努力したい。

プログラム委員会

森田 晴雄委員長
基本方針として、時限タイムリーな内容の卓話を設定し知識の構築を図る。また、会員の知識を披露し合い、会員の知識を深める場として会員の卓話を積極的に組み入れて行くことを目標に、
①会員同士の親睦と一層の連帯感を生み出し同士の理解と親睦を推進する卓話の設定、②タイムリーな卓話の設定、③地域の話題をもっと知り知識を深める卓話の設定、④外部の講師の設定と会員の卓話の設定、⑤時にはおもしろい内容の卓話の設定。以上のような卓話を設定し、おもしろい内容を盛り込んだ卓話時間を設定してまいりました。

友好クラブ担当委員会
森田 晴雄委員長
友好クラブである酒田中央RCとの絆を大切にしている。本年度は両クラブお互いに記念行事が無かったがつねに友好をあたためて両クラブ発展のために絆を大切に友好を深めている。

会員増強委員会

田邊 軌夫委員長

本年度は、7月に石引会長の紹介により岩井会員、9月には目黒会員増強委員の紹介により万波会員が入会しました。12月に布目会員が退会しましたので、入会者2名・退会者1名の純増1名となりましたことを報告いたします。入会案内のパンフレットは修正ツールを作成し“親子でサッカー観戦”のおりに配布しました。また、先週の卓話者に対して紹介者の髙野会員とともに勧誘活動をいたしました。はっきりとした入会の意志はいただけませんでしたが充分ご理解いただけたことと思います。あらためて紹介者の方々が捧げた時間と努力に感謝申し上げます。

ロータリー情報委員会

北 滋委員長

本年度石引会長の掲げたテーマである「出会いを楽しもう」に基づき、有効な資料を整備して委員会を開催しロータリーライフを理解していただく予定でしたが、本年度は何かと事業が多く機を逸してしまいました。つきましては、6/16例会後にロータリーの生き字引である髙野会員にコーディネーターをお願いし、70年に一度めぐってきた地区大会の開催などの経験を含めて、今後のロータリーライフに有意義な情報を提供する委員会を開催いたします。ご都合のよろしい方は是非ご参加ください。

会員選考委員会

三宅 哲夫委員長

本年は会員増強委員会により推薦された候補者にたいし面談、選考を速やかにおこないました。


米山奨学委員会

川村 雅憲委員長

本年基本方針は米山奨学生や学友が将来にわたり日本と母国との架け橋となる米山奨学事業の理解と理念を深める事とし、その過程で米山奨学生の卓話を実施することを活動計画と致しました。具体的には本年1月21日の例会で早稲田大学大学院ドイツ人奨学生の卓話を実施し、奨学生が我が国を理解すると共に優秀な留学生を育てるための本事業にも貢献致しました。また 本年度の特別寄付にも多くの会員からのご厚意を頂き感謝致します。

SAA委員会

細川 康夫委員長
クラブ来訪者・来賓の方々のお迎え・お見送りは心を込めて行い、できる限りビジターの方にお声がけをするなど温かい雰囲気づくりに努めました。また、例会場の設営点検と備品チェックを行い例会がスムーズに進行するよう努めてまいりました。今年度や夜間例会を増やした事で人気の中華を第4週に変更するなど食事の工夫もしました。ニコニコBOXについては、会員の近況報告が増えたこともあり今年度増額となりました。5月末日現在で前年比113%です、6月も宜しくお願い致します。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31